FC2ブログ

diary(ゆきこんこん)

のんびりワンコのことや日常のことを書いてます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いつか虹の橋

トリマーの学校に通い始めてから、トリマーになった今まで。

たくさんのワンちゃんの生と死を見てきました。


昨日、また虹の橋を渡ったわんちゃんがいました。

シャンプーコースでご利用いただいてたのですが、昨年、立っているのも大変そうだったのでトリミングサロンは卒業しました。

でもご近所さんなのでお散歩で会って、頭をなでてあげておしゃべりして・・・。


トリミングサロンを卒業しても、ずっとうちのお客様ワンコであることは変わりませんでした。
午前中、仲良しのワンちゃんに会って、帰っておやつ食べてお昼寝して、
そのまま安らかに眠りながら虹の橋を渡りました。

大好きだったお友達に最後の挨拶ができてよかったね。
いっぱい愛されて、おいしいもの食べて、ぽかぽかお天気の日に家族のそばで逝けてよかったね。

いつかうちのワンコたちも虹の橋を渡る・・・。

自宅サロンを選んだのはそらちゃんとうりちゃんと一緒にいたかったから・・・が大きな理由です。

そらちゃんは私にとって初めてのワンコです。
そして・・・
そらちゃんうりちゃんに夢を与えてもらったと思っています。

そらちゃんうりちゃんの事もいたらない私ですが、それでも
そらちゃんうりちゃんを「後悔なし!」ってくらい、うんと愛してあげたい。

よく犬飼いさんが言う言葉ですが
「最期の時に
 ごめんねではなく
 ありがとうって言える毎日を過ごして行こう」

私は・・・ごめんねが先立ちそうだ・・

IMG_3213.jpg

| わたくし事(トリマーとして) | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トリマーになりたいな

お客様から
「いいですね~~。自分のサロンがあってトリマーとして頑張っていて」
と褒められることがあります。

そう言われるたびに私は肩身が狭いです。
私のトリマー歴は浅いです。

そして、私はまだまだひよっこトリマーです。🐤

なぜなら・・・
私はこの前までフツーのお母さんだったから・・・。

ただ、幼いころから動物、とくに犬は大好きでした。

小さい頃から動物が好きで、小学生の頃は「ムツゴロウ王国」で働きたい!って思ってました。
(年代がわかる~~~~(笑)
それが叶わないなら動物園の飼育員さん。


小学館の動物の図鑑や犬の本は私の枕元にいつもありました。

そんな動物好きの私でしたが、その後は平凡な人生を歩み、高校、大学、会社勤め・・・

私は普通のお母さんでした。
普通のおかあさん・・・

そんなフツーのお母さんの私がトリマーになりたい、と思ったのです。


そして学校を片っ端から探し始めました。

でも、学校探しはなかなか難しく、思っているような先生にも出会えませんでした・・・。

「もうここが私の思っている学校じゃなかったら諦めよう」
そう思って訪ねて出会ったのが、今の私の先生です。

今思えば、まるで奇跡!!の出会いなんです。
この先生に出会わなかったら絶対にトリマーになれていませんから!!

その学校は専門学校ではなく、プロのトリマーさんが更に技術アップのために来てたり
上の資格試験や競技会参加のために来てるレベル高っ!!の学校でした。
塾みたいな感じ・・・
(怖いもの知らずの私でした・・・)

でもそんな厳しい学校だからこそ、必死で勉強したのだと思います。

片道2時間弱の道のり。
その帰り道、出来の悪い自分に悔しくて泣きながら帰った日もありました。

でも本当に辛かったけど、学校を辞めようとは一度も思わなかったのです。

それは、とっても厳しくて辛い学校だったけど、自分の技術がどんどん上達していくのがわかったし、
前回できなかった事が今日はできた!
前まで理解できなかったことが、理解できた!

という繰り返しだったため、ある意味楽しかったのです。

そして、犬が好きだったから・・・・・
学校でワンちゃんに触れるのがとっても楽しかったから・・・・

とにかく必死でやってきました。


でも・・・・どの学校もそうですが、トリマーも学校では基本を教えてくれるだけです。

そのあとはひたすら自分で勉強していくしかないんです。
セミナー行ったり、勉強会行ったり、ドッグショー行ったり、トリマー競技会に出たり・・・
自分に厳しく技術を磨いていく・・・。

そしてたくさんのワンちゃんをカットすることによって技術が磨かれていきます。

先日行った超有名なトリマーの先生が、もう70歳過ぎてるんですけど
「死ぬまで勉強していきたい」
と言ってました。
みんなの前で教えている先生でさえ、日々勉強して、まだまだ学ぶことがある、と言ってました。

トリマーの世界はまだまだ奥が深くて先がが見えません。
だから楽しいのかもしれないですね。

自分では
「まだまだヒヨッコのおばちゃんトリマー」と思ってます。
でも、こんな私のサロンに来てくださるお客様がたくさんいます。(ぽっ)

うちに来てくださるワンちゃんのために、もっともっと勉強していいトリマーになりたいな・・・。



| わたくし事(トリマーとして) | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |