diary(ゆきこんこん)

のんびり子供のことや日常のことを書いてます。

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バレエの友達とコンジュとピアノ

この週末、コンジュの友人のバレエのコンクールがあった。
彼女が夜遅くまで、バレエスクールで練習してるのをコンジュはよく知っている。
fouette.gif
コンクールの大変さを彼女もコンジュもよく知ってるから、
お互いを認め合ってる。
そしてコンジュも彼女を尊敬している。

彼女の母は
 「これでやっと受験勉強に向かってくれるかと思ったけど
バレエは続けるらしい・・・」

と困り顔。

どこも同じ。

コンジュも夏休みからピアノのレッスンはお休みに入ったものの
毎日1時間、家でレッスンしてる。

まあ、夏休み前までは最低2時間レッスンしてたことを思えば
受験体制に入ったと考えていいのかもしれないけど。
italianfouette.gif


  彼女のお母さんも
    「本人が頑張るというものを止めることは出来ないのよね・・」って、
   困り顔だけど、ちょっぴり嬉しそうだ。

    私も同じ。


先日、コンジュが
 「ピアノ・・・レッスンをやめて初めてわかったよ・・・。
ピアノ・・・大変で辛いけどすごく楽しいんだ。
早く受験が終わって、好きなだけ弾いていたいな・・・・」
って。

でも・・・だからといって音楽の高校は全く考えていない。
piw200.gif

コンクールで賞を目指すことも、もうないだろう・・・。


あくまで、これからは自分の好きなように・・・・
好きな曲を、自分の音楽として続けていくんだろうな・・・・・。

私もコンジュが楽しそうにピアノを弾く日が待ち遠しいよ。

コンジュはピアノを続けたかったから
本当は入りたかったテニス部も諦めたんだよね。
(土・日しかレッスン日がなかったから・・・)
あのとき、すごく悩んだよね。

でもコンジュが
 「ピアノ・・・習ってよかった・・。
辛くていっぱい、いっぱい泣いたけど・・・・やめなくて良かった。」
と言ってくれたとき

勉強に関しては怒ったことなかったけど、
ピアノに関してはいっぱい叱って、いっぱい泣かせた。
その苦労が一瞬で消えちゃったよ・・・・・。

もしかしたら、ずっとその一言を待ってたような気がするよ。


スポンサーサイト

| 日々のこと | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合唱祭・形のない賞状

この記事はブロとものみ閲覧できます

| 日々のこと | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Happy Birthday

今日はテジャの誕生日

11歳になりました。


子供たちの誕生日の日には

生まれた日のことを話してあげます。

毎年、聞く話だけど、2人とも嬉しそうに聞きます。


テジャが生まれたのは真夜中で・・・・

なかなかおなかから出てこなくてね・・・・・・

生まれたテジャは目をあけて、お父さんの顔をみて微笑んだんだよ・・・・


って・・・

そしてテジャを産んだときの喜び・・・

テジャと出会えた奇跡・・・・

テジャの命は自分だけのものじゃないって・・・・

そんな話をします。


P1030065.jpg
 誕生日プレゼントで欲しがったプラモデル。
 今まではガンプラだったのに、なぜにお城????









P1030066.jpg 中身はこんなの


  








P1030067.jpg  少し作ってみた











P1030068.jpg こちらも買ったよ(ベイブレード)









| my children | 18:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日は合唱祭なのに・・・・・

今日、コンジュは学校を休んだ

声が出ないし、熱もある・・・・・・

P1030064.jpg



明日は合唱祭・・・・・

前日の練習に参加できないのは残念だが、熱があってふらふらなので
どうしても無理だった。


夕方、友達が合唱祭のプログラムを届けてくれた

そのあと、別の友達もポストに手紙を届けてくれた

そして、また別の友達から電話もあった

「大丈夫か?
お前がいなくて大変だったぞ」
と言いながら、その日の練習の内容を詳しく話してくれた。

先日、先生が言った言葉。

「君たちはもう、コンクールで賞をとることに意味がないことに気づいているだろう?」


コンジュも友人たちも、そう・・・みんなもう気づいている。


賞をとることに意味があるんじゃない。

コンクールに向けて、
皆が協力しあい、
お互いのことを励ましあうことの大切さ。

今まで知らなかった友人の新しい一面を知り、理解すること。

コンジュが夏休みから、皆のために伴奏の練習をしているという事実を
皆がわかってくれること。

そして、そんな友人たちの優しさに応えようと努力する自分・・・


コンジュは今回、練習していく過程で
すごく、素敵な友達を見つけたみたいだ。

そういうものが、
ひとつひとつ宝物になっていくんだね

合唱祭が終われば、いよいよ受験。

素敵な仲間たちと、頑張っていける・・・
そういう心強い仲間に囲まれてるコンジュは幸せだね

| my children | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。